七草粥のレシピ

料理

今年は七草粥を作ってみたので、備忘録としてレシピを残しておきます。

材料

  • 米 1/2合
  • 水 600ml
  • 春の七草 1セット
  • 塩 2つまみ

春の七草は1/4頃からスーパーで売られていると思います。

調味料ですが、今年は塩を2つまみ入れてみましたが味がとても薄かったので、醤油を少し加えてみても良いかもしれません
あるいは、お漬物を用意しておくと丁度良いかと思います。

作り方

下準備

春の七草の根菜を薄切りにする

春の七草のうち、根菜(すずしろ・すずな)を薄切りにします。
具体的に言うと、白いものを薄切りにしてください。

切った根菜を茹でる

小さじ1の塩を加えた熱湯で3分ほど茹でます。透明感が出て柔らかくなればOKです。
お湯は捨てないようにして、スプーンなどですくい上げておきます。

葉っぱを茹でて切る

春の七草のうち残った葉を茹でます。1分ほどで大丈夫です。
ざるに上げて流水で冷やし、1cm幅くらいに切ります。その後、水気を絞っておきます。

お粥を作る

米と水を鍋に入れて、中火で煮立てていきます。沸騰したら、鍋底からしゃもじでかき混ぜます。
その後、弱火にして蓋を少しずらして置き、煮詰まるまで40分ほど待ちます。
写真くらい煮詰まればOKです。

いい感じに煮詰まれば、塩・醤油などの調味料と、春の七草を加えて混ぜれば完成です。

まとめ

お粥はできたてが美味しいので、温かいうちに食べましょう。

材料の欄にも書きましたが、塩2つまみだとかなり薄味だったので、お漬物を用意しておくと良いと思います。
味ですが、「草」という感じで結構なエグみがあります。年中行事として食べるのは良いかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました