【京都・河原町】ELEPHANT FACTORY COFFEE はまさに隠れ家カフェだった

カフェ(京都)

河原町といえば京都一の繁華街で、休日は多くの人で溢れ返ります。

河原町という呼び名は京都を南北に走る河原町通に由来しており、東西に走る四条通と合わせて「賑わいのある地域」という印象があります。
私のイメージでは、河原町通(三条~四条間)は安価な居酒屋などが並ぶ若者の街、四条通(河原町~烏丸間)は老舗デパートなどが並ぶ中高年の街、といったところでしょうか。

さて、そんな活気ある河原町ですが、大通りから少し外れると知らない世界が広がっていたりします。
今回紹介する ELEPHANT FACTORY COFFEE もそんな「裏世界」にあるカフェでした。

Google Map

阪急京都河原町駅・京阪祇園四条駅から行くなら、赤矢印のようなルートを辿るでしょう。
河原町通を北上し、蛸薬師通の手前で曲がります。

この「名もなき道」へ足を踏み入れた瞬間、今までの大きなビルが立ち並ぶ光景から、やや寂れた雰囲気に一変します。
「こんなところを通って大丈夫なのだろうか…」と少し不安になるくらい、喧騒から程遠い世界が広がっていました。

黒猫に見つめられながら車止めの横を通り抜け、よくよく見るとお店の名前がありました。
この2Fが目的地、ELEPHANT FACTORY COFFEE です。

階段を登って扉の前に立ちますが、店名など何も書かれておらず、一見ただの事務所の扉のようです。
「本当に開けても良いのだろうか?」と不安になりながら扉を開けると…そこにはシックなインテリアと間接照明で彩られた、素敵なカフェ空間が広がっていました。
先程まで不安な静寂に包まれていたのに、中からは活気のある会話が溢れてきます。
ここで私は、なんだかホッとしてしまいました。

お店の雰囲気は食べログなどで確認してみてください。

メニューはこのようにシンプルです。
「煙草に似合う」の表記があることから喫煙可能という情報がありましたが、私が行った時には喫煙者はいませんでしたし、煙草の匂いも特にしませんでした。
昨今の法改正から禁煙になったのかもしれませんね。

EFブレンド7自家製ミニチーズケーキを注文しました。

コーヒーのおまけか、チョコレートがついてきました。
仄かにアルコールを感じるチョコレートで、コーヒーとよく合いました。

コーヒーの方は、「しっかりとした苦味とコク」という表記から覚悟していましたが、思いの外飲みやすかったです。
雑味のないまろやかな味わいで、香りが鼻を抜けて心地よい気分になりました。

チーズケーキは濃厚で、大きさはそこまで無かったのですが満足感が凄かったです。
濃厚な分、このくらいの大きさでちょうど良いな!と思いました。

休日に行ったこともあってか、カップルで来ているお客さんがほとんどでした。
たまにお一人様がいましたが、3人以上で来ている人は見ませんでした。

お会計は現金のみなので、キャッシュレスに慣れすぎた人は注意しましょう。

感想ですが、とても良いお店でした!
河原町という繁華街に隠れた秘密基地、という感じです。
アクセスも良いのでまた訪れたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました